レ・ミゼラブル ミュージカルとは

現在、世界で上演されているミュージカル「レ・ミゼラブル」は、1985年10月28日にロンドンのバービカン・センターで初演されたものに基づいています。フランスの作家、ヴィクトル・ユーゴーの小説『レ・ミゼラブル(ああ無情』を原作にしたこのミュージカルは壮大なスケールと一度聴いたら耳に残る名曲の数々、感動的なストーリーで、多くの人の心をとらえてきました。

作詞:アラン・ブーブリル
作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク
原作:ヴィクトル・ユゴー

1987年度トニー賞:8部門受賞(作品賞/助演男優賞/助演女優賞/演出賞/台本賞/作詞・作曲賞/舞台美術賞/照明賞)

ミュージカル「レ・ミゼラブル」誕生秘話

1980年、アラン・ブーブリル(作詞)、クロード=ミシェル・シェーンベルク(作曲)らによって、現在上演されている作品の前身となるミュージカル“Les Mise'rables”が作られて、パリで上演されました。
1981年、この作品のレコーディングアルバムを聴いた世界的演劇プロデューサー、キャメロン・マッキントッシュの目にとまり、ロイヤル・シェークスピア・カンパミー(RSC)の芸術監督でもある演出家トレバー・ナンにイギリスでの上演の話を持ちかけます。これに対してナンはジョン・ケアードとの共同演出、さらにはRSCとの共同製作をマッキントッシュに提案。1982年、商業演劇のプロデューサーと王立劇団が提携する形でロンドン版の制作が開始されました。

1980年パリ公演の舞台は、『レ・ミゼラブル』をよく知るフランス人に向けて創られたミュージカルでした。そのため、ストーリーのうちでも重要な箇所、例えば主人公ジャン・バルジャンがモントルイユ・シュール・メールの市長になる以前の、銀の燭台を盗むくだり、などが省略されることがありました。ただ、マッキントッシュは『ほとんどのイギリス人にとっては題名(Les Mise'rables )を正しく発音するのもおぼつかない』と考え、そのような状況でのロンドン版は、『レ・ミゼラブル』という物語そのものを伝えることに重きが置かれ、1980年パリ公演の改訂版としての『レ・ミゼラブル』を創られました。

オリジナル版を制作したアラン・ブーブリル、クロード・ミッシェル・シェーンベルク、さらには作詞家ハーバート・クレッツマーも加わり、1985年10月28日、バービカン・センターでロンドン版『レ・ミゼラブル』が幕を開けました。ロンドン公演は開幕するやいなや、たちまち大人気となり、その後パレス劇場、クイーンズ劇場 と場を移して、現在もロングラン公演中です。

「レ・ミゼラブル」海外での上演

1987年より海外でも上演されるようになりました。
アルゼンチン、オーストリア、オーストラリア、ベルギー、バミューダ諸島、ブラジル、カナダ、中国、チェコ、デンマーク、ドミニカ共和国、エストニア、フィンランド、フランス(逆輸入)、ドイツ、香港、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、アイスランド、日本、ラトビア、マルタ、モーリシャス、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、セルビア、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、アメリカなど。各地で様々な言語に翻訳されているが、中国などのように海外のプロダクションが出向いて英語のまま上演を行うこともある。